2018年12月17日

You are here:  / 漢字に思いをこめて!子供にピッタリの名前を贈ろう

漢字に思いをこめて!子供にピッタリの名前を贈ろう

子供の名前には2997字が使える!

8万字以上あると言われる漢字のうち、名前に使えるのは2997字なんですよね。戸籍法では、「子の名には、常用平易な文字を用いなければならない」とされているんですよ。「常用平易な文字」とは、常用漢字と人名用漢字のことですが、2004年には、人名用漢字が全面的に見直され、選択の幅が一気に広がりましたよね。2010年には常用漢字が追加されたため、現在、人名に使える漢字は、2997字となったんですよ。子供の名前にふさわしい漢字を選ぶとよいでしょう。

イメージに注目しよう!

意味は正確に知らないけれど、この漢字の形が何となく好き、と思ったことはないでしょうか?漢字は、事物をかたどった絵が図案化され、意味を持つ文字となったものなんですよね。そのため、言語的なイメージ以外に、画像的なイメージを呼び起こしたり、想像力をかきたてたりすることがあるんですね。漢字は、左右対称の字、多画数の黒っぽい字など、表情もいろいろですよね。命名で漢字を選ぶときは、意味はもちろん、形や字面にも注目して、楽しみながら探しましょう。

命名の最強の味方とは?

命名の最強の味方は、実は漢和辞典なんですよ。発想を広げたり、思わぬ出会いに導かれたりすることもあるんですよね。新人名用漢字、新常用漢字に対応した辞典を用意すると、より便利ですよ。また、名前に使える漢字の中には、よく似ていて、思いこみで間違えて使ってしまいやすいものがありますよね。ちょっと形がちがうだけで、まったく意味が変わってしまうこともありますから、漢和辞典で、使いたい字の意味や形を正確に把握しておきましょう。

命名の意味とは人やものに名前を付け、他のものと区別することができるようにするためのもので、生活を便利にすることができます。