2017年9月26日

You are here:  / 楽器を演奏して楽しむ

楽器を演奏して楽しむ

楽器は趣味、娯楽の王道

学生、社会人、老若男女を問わずに趣味や娯楽として人気が高いのが楽器です。

学生時代に吹奏楽部や軽音楽部などに所属していて、学校を卒業した後も楽器を弾いているという方や社会人になってから音楽を始めたという方や定年退職後に音楽を始めるという方もたくさんいらっしゃいます。

趣味、娯楽として多くの人達に親しまれている楽器にはピアノ、サックス、トランペット、ヴァイオリン、ギター、ベース、ドラムなどが主でこの他にもたくさんあります。

よく演奏される音楽のジャンルにはクラシック、ジャズ、ロック、ブルースなどがあり、それぞれが自分の好きな音楽ジャンルを追及しています。

楽器の人気の秘密とは

楽器が趣味として人気が高い秘密には、最初に演奏するのに必要なものをそろえてしまえばそんなにお金がかからないということがあります。

もちろんやる音楽によって掛かる費用はまちまちですが、最近では入門用のものも発売されており、昔よりは音楽を始めやすい環境になっています。

レッスンを受けられる音楽教室もここ最近に増えており、プロ顔負けの腕前を持っているというアマチュアのプレイヤーも増えており、今後も趣味や娯楽として多くの人達に親しまれていくでしょう。

楽器の最大の楽しみ方

楽器は個人的にも黙々と楽しむことができますが、自分でバンドを組んだり、音楽サークルなどでセッションをしたり、時にはライブハウスなどで自分の腕前を人に聞いてもらうというのが最大の楽しみになります。

最初は上手く弾けなかったけども、今では難なく弾けるようになったという場合は誰かに自分の演奏を聞いてもらいたいと思うことが出てきますので、その場合は自信をもって披露してみましょう。

客観的に自分の演奏を評価してもらえるという人がいると上達も早くなります。

友達が趣味で始めたサックスの演奏会に行ってきました。始めての発表会ということで友達もやや緊張気味のようすでしたが、演奏後の笑顔が演奏以上に印象的でした。